くらしの種ライブラリー

こんにちは。運営部・佐藤です。

真帆さんが『春のカラダはオーバーワーク気味?まばたきの回数で分かる〇〇の乱れ(前編)』の記事でも書かれていますが……現代人は本当に健康なんだろうか?と疑問に思うことも多いですよね。

というのも、  急にあたたかくなり、花粉症に悩まされる方もいらっしゃるみたい。現代医学の力を借りて症状を抑え込むことも、必要な時もあるかもしれませんが…それ放っておいて大丈夫でしょうか?

アレルギー症状が出る、というのは、自分の健康状態や生活スタイルのどこかゆがみをみなおす必要があるのかもしれません^^せっかくの機会、少し振り返ってみられてはいかがでしょうか 。

それでは、今回も「こころ♪生きる♪くらし♪」の最新記事一覧を編集視点でご紹介いたします。

<最近UPされた記事一覧です>
大好きも不安が強いなら、それは依存かも? お互いの幸せを感じられるような関係をつくるために大切なこと。
書き手:ひめの♡かずのこさん
彼の反応が気になってしまって、ついつい遠慮した行動をとってしまう、自分が思っていることを言葉にするのをやめてしまう。そんなこと、あなたにはありませんか?
それって、実は彼に対して「依存」しているってことかもしれません。「依存」をしあう関係を解きほぐしていくために必要なことを、 綴ります。
そして、「依存」の悪い面だけではなく、良い面もあると言います。良い依存とはどんなものなのか?  ぜひ、その捉え方をご覧ください。

「好きで彩る、わたしのくらし」~寝相と夫婦のボケツッコミ~
書き手:ABE AKIKOさん
AKIKOさんのほのぼのとしたエッセイ漫画。AKIKOさんが結婚して気づいたコト。それは、AKIKOさんの寝相がとても悪い…ということ。寝相からみるご夫婦の関係、そしてそこから感じ取ったボケツッコミの関係とは⁈

【きくもの】ここちよく満たしあえる関係性を育む♡ ~ふぅとかずのこの対談~  
話し手:ふぅさん ひめの♡かずのこさん
「こころ♪生きる♪くらし♪」でもおなじみのふぅさんとひめの♡かずのこさんによる対談企画です。「男性の育み方」をテーマに週一回の声の更新にてお届けしております^^
お願いゴトを頼んだときの男性の行動。それに対して、女性はどうしたらいいの?などなど率直で愛のある意見が飛び交います。パートナーシップのことについてだけでなく、コミュニケーションや本音とはなにか?など、恋愛以外の話も多いので、「興味ないなー」と思われるかもしれませんが、一度お耳をお貸しいただけたら嬉しいです。

もうすぐ春ですね♪そろそろ、「ときめき筋」のストレッチを始めましょう♪【二十四節気・七十二候/雨水・初候】
書き手:真帆さん

尖ったコンテンツやぱっきりとした色合いの広告など…現代社会は過刺激にさらされているように感じています。もしかしたらそれは、刺激が強くないとこころが動かなくなってしまっている人が多くいらっしゃる、というふうにも言い換えることができると思います。

こころや感受性が柔らかな状態であれば、風がふわりと自分の肌をなでるだけで、あるいは、毎日歩く道すがらにある梅の花がほころぶ姿に…etc.ささやかなことにもときめきや幸せを見出していくことができると思います^^

というわけで、「こころのときめき筋」のストレッチを一緒に始めてみませんか?

時に不条理さもある、自然を相手にした鷹狩りを続ける理由 ~支配とコントロールではなく、自由と信頼でつながる関係性~
書き手:KTさん
先日、KTさんが鷹狩りする様子を見学させていただきました 。

KTさんが、狩りのために鷹を放つと、ハヤブサは心地よさそうにくるくると空高く羽ばたいていきました。鉄塔の上に、ハヤブサがとまって動かなくなってしまっても、KTさんはじぃっと待っていました。疑似餌をつかって地上へと降りてくるようにハヤブサを促すこともできるのに……。それはきっと、ハヤブサのタイミングで狩りへと戻ることを信頼しているからなのです。

…しばらくしたら、鉄塔から空へと舞い、獲物がいる河川敷に向かって垂直にしゅんしゅんと急降下していきました。その姿がとても美しいな、と素直に感じました。
そんなKTさんの「鷹狩りを続ける理由」をどうぞご覧くださいね。

【ハンドメイド作家さま向け】自分らしく健やかに収益UPしよう♪オンラインコミュニティのご案内
書き手:佐藤
お手紙を綴るかのように、そっとメッセージが添えられたアクセサリーをつくるクリエイターのEsnes Nommocさん。自分らしさと現代性や流行のバランスがとれている彼の作品たちは、濃いファンが多いのです。実直な作品つくりの姿勢や在り方によって、信頼を積み重ねるにはどうしたらいいのか? 爽やかに健やかに収益を上げていくためには何をすべきなのか? そんなことをお伝えしていくオンラインコミュニティのご案内です。ギラギラした売上UP術が苦手な方におすすめですよ^^♪

【Event】3/3(土)ニットカフェ in横浜
書き手:夏子さん
ami ami会の夏子さんより、ニットカフェ開催のお知らせです。明日ですね。ご予約も不要のようですので、よろしければふらりと立ち寄られてみてはいかがでしょうか?

春のカラダはオーバーワーク気味?まばたきの回数で分かる〇〇の乱れ☆【雨水・次候/末候】(前編)(後編)
書き手:真帆さん
気温差の大きい春のカラダの中は大忙し⁈ 自律神経のバランスも崩れがちなんだそう。そんな自律神経の整え方をご存知ですか?  一般的によく知られている“規則正しい生活”以外の自律神経の処方箋をお届けします。

トマト農家のお嫁さんがみている世界~第1回 「農家の嫁」になるまでの山あり谷ありな日々~(聞き手:真矢)
書き手:真矢さん
栃木のトマト農家に嫁がれたしのさん。彼女の自然体な朗らかさみたいなものにふれると、誰もが安心して自分の心の大切な部分を開いてしまいます。そんな彼女にも今に至るまでには山あり谷ありな日々がありました。

美術大学にて感じた挫折やトラウマ。卒業後の社会生活になじめずつらい思いをしたこと。そのあとにたどりついたイベント会社のフリーター生活。当時の気持ちと今振り返って感じる気持ち。読んでくださるあなたに何かをお届けできればうれしいです。

◇◇◇

【編集後記】
先日、サイトへ寄稿くださっている方が京都を訪ねてこられた折に、一緒に無鄰菴へ行きました。 山縣有朋が別荘として建築した建物とお庭たち。

「苔の青みたる中に名も知らぬ草の花の咲き出でたるもめずらし」と山縣有朋は残しているように、名もなき植物たちを雑草だと刈り取ることをせずに、萌えいづることをそのままにして、愛でていたというような話が、無鄰菴が発行している「さらさら通信」という冊子に書いてありました。

「こころ♪生きる♪くらし♪」も、等身大の言葉を、それぞれ味わい、愛でていけるような場所にしていけたらいいなと思っています^^

ではでは、また新月の折に! 次回は新しいサイト名をお知らせできればと思います。

◆◇『くらしの種ライブラリー』とは◇◆

『くらしの種ライブラリー』は、最近更新された記事の「目次」です。気になった記事を読んでいただくと、きっとそこには、あなたの「こころ♪生きる♪くらし♪」に役立つ、たね(種)があるはずです。書き手の皆様の思いを受け取ってみてくださいね。…お気に入りのくらしの種を見つけたら、是非それを、あなたのくらしの中で育ててみてください。そして、その種が育ったとき、もしよろしかったら「くらしの種ライブラリー」にご寄贈下さいね。あなたの育てたその種を、待っている人が、きっといますから。

寄稿にJoin♪したい方はこちらをご覧ください!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です