編み物のススメふたたび

秋の風を感じると今年もこの季節がやってきた・・・と思います。
そう、それは編み物の季節です。

編み物をしようよ!

4年ほど前にそれまで一度も編み物をちゃんとしたことがなかった私が手編み靴下を編み始めてから早4年が過ぎました。相変わらず靴下ばかり編み、他のアイテムはごくごくたまにチャレンジ。何より、編み方自体、表編みと裏編みという基本の2つの編み方だけでここまできました

初心者に毛がちょっぴり生えただけのような私ですが、手編み靴下のよさを伝えたい!と思い、編み物を共にしてくれる横浜在住の久美恵さん(ちなみに私は札幌在住)という同世代の女性と二人で「手編靴下推進委員会」を発足しました。

手編靴下推進委員会といってはいますが、この会最近はいろんな編み物しています。夏は籠バック、季節問わずバラたわしや丸モチーフなど超簡単な編み物の図面を用意させていただき、おしゃべりをしながら手を動かす会を開催しております。

何が言いたいかと言いますと、編み物は決してハードルが高いものではないということをお伝えしたいのです。30歳過ぎてから私は編み針をきちんと持ちました。
先述したとおり編み方もほぼ2種しか知らなくても4年続けて楽しめる魅力が編み物にはあります。

何が楽しいか?

 

編み物の楽しさは自分の手で一つ一つ編んでいくということで、それは本当に人生の山を登る感覚と似ています。その感覚がわかるとじっくりと時間をかけること&積み重ねることを味わう楽しさを知れます。

今の時代は何でもスピード感がもてはやされますが、編み物は自分の手を動かすので、すぐにはできないのです。しかし時間をかけてじっくりと編みあがっていく様子はなんとも言えない感慨深さと編んでいるものに対する愛着がわきます。

ふたつめは人とおしゃべりをしながら編めるということ。これはやってみて思うのですが、人と話しながらでも手は動き、いつもより編み物がすすんでいることがしばしば。
また、編み物をしながらのおしゃべりは何気ない本音など話しやすいので思いがけない話題が出たり、いつもと違うお話に花が咲いたりと楽しい時間です。そして一緒に編み物をした人とのつながりがなんだかやさしく深くなる気がします。

他にも編み物をおススメする理由はありますが、それはまたの機会に、今回はこの辺で。
これを読んで、編んでみたいな~と思ってもらえたらそんな嬉しいことはないです。
手編靴下推進委員会→http://www.pictame.com/user/teami_kutusita/4459248766

こころweb運営部 & 旅するこころと体のコンシェルジュ
NARDアロマアドバイザー
FTPベーシックマットピラティスインストラクター

京都在住後2016年より北海道移住。
暮らし方や生き方、考え方がその人自身や環境を創っているな、と日々感じます。暮らしという誰もが営む身近なことを題材に誰にとってもこのサイトが少しでも何かの発見につながって自分らしい豊かさにつながっていくといいなぁという気持ちでできることを真心こめてやっていきます。宜しくお願いします。
日々の事⇒https://www.instagram.com/hoshinotabibito/