toggle
2018-08-10

~感じよう、わたしの美しさvol.6~ 太陽をもっと好きになれるノンケミカルのUVケア

 

夏休みに入り、お出かけすることも増えてくると思います。この季節の太陽の光は強力ですよね。今回は、パワフルな太陽と上手に過ごすための、ノンケミカルのUVケアのご紹介です。

 

すべてを照らす太陽

 

当たり前のことなのですが、わたしたち生き物は、太陽に生かされています。太陽があるから昼があり、また夜もあります。毎日繰り返される営みです。植物は光を受けて成長し、人はそれによって生きています。日光がさんさんと降り注ぐ夏は、ふと見上げた木漏れ日も、水面に反射する輝きも、よりいっそう鮮やかです。そ んな景色は何度見ても、きれいですよね。

ですが、太陽の光も浴びすぎると、紫外線のダメージでお肌は変化します。肌老化の原因の80%は、紫外線を含む光老化である、と言われています。それほど、紫外線がお肌に与える影響は大きいのです。

 

UVのイロハ

 

日焼けしやすいのは夏。けれど、お肌に影響を与える紫外線は1年中出ているのです。特に肌の深部にダメージを与えるUVA波は、日焼けがわかりやすいUVB波に比べて、年間を通してしっかりと降り注いでいます。

日焼け止めに記載されているSPF値とPA値は、それぞれUVB波とUVA波からお肌を守ってくれる時間や耐性を示しています。SPFは数値で、PAは+の数で表記され、多いほどダメージから守ってくれるので、ライフスタイルに合わせて選んでください。1SPFの持続時間は約20~25分です。軽い外出や日常生活であれば、SPF値は15~30、PA値は++程度で十分かと思います。数値を見ながら上手に使っていきたいですね。

 

ノンケミカルの日焼け止め

 

日焼け止めは、ノンケミカル(紫外線吸収剤不使用)のタイプがおすすめです。オーガニックのブランドなどから多数でています。紫外線吸収剤とは、紫外線のエネルギーを熱などの別のエネルギーにして発散することで、紫外線から肌を守る成分です。
ノンケミカルの日焼け止めは、紫外線散乱剤を使っています。紫外線散乱剤は酸化チタンなどで物理的に紫外線を反射するもので、紫外線吸収剤を使用しているものと比べてお肌の負担が軽いのが特徴。お肌が敏感だな、と感じる方には特におすすめしたいです。

MAMA BUTTER UVケアミルク アロマイン SPF30 PA+++/\1,944税込

 

MAMA BUTTER UVケアミルクは、  日常的に使いやすいノンケミカルの日焼け止めです。すーっと伸びて、顔にも、体の広い範囲にも使えます。シアバター配合で、乾燥からも守ってくれますよ。去年はこちらのクリームタイプを使っていたのですが、今年はより軽くしたい気分だったので、ミルクタイプを使っています。画像はアロマインのタイプですが、無香料のタイプもあります。リーズナブルで、子どもと大人が一緒に使えるところも、わたしの好きなポイント です。

 

太陽を感じたい

 

突然ですが、わたし自身のUVケアは、毎日完璧にしているわけではありません。普段外出する時は、日焼け止め、日傘、UVグローブをして出かけることが多いです。でも、それも絶対ではありません。太陽の光は、適度に浴びると、心の中のもやや、停滞した気分を、その光で蒸発させてくれると思うからです。さすがに、最近の暑さでは日傘はさしますが、途中の木陰ではたたんだりして、風と木漏れ日を楽しんでいます。

シミは わたし自身ない方が今のところはいいな、とは思っていますが、シミがないより嬉しいのは、思いっきり笑えること。だから、ケアしつつも、あまり完璧にしようとせずに、ある程度は冬になれば戻る、くらいの気持ちでいます。

 

最後に、わたしが出会った素敵な詩をご紹介させてください。

「The Sun Never Says」

長い長い年月 太陽は地球に 光をそそぎ続けている

そして、ただの一度も言わない 「わたしのおかげよ」だなんて

そんな愛があるとどうなるか ほら、見てごらん

この広い空ぜんぶ照らすことができるんだ

 

ハーフィズ詩集「ギフト」より

(引用文献 ソーヤー海監修『みんなのちきゅうカタログ』トゥーヴァージンズ)

 

(参考文献 勝田小百合著『老けないオーガニック』ワニブックス/朝田康夫監修『美容皮膚科学事典』)

 

優香

美容業界で勤務し、たくさんの肌に触れていくなかで、肌と身体と心は密接に関わっていることを実感。スキンケアやアロマテラピーなどを含め、ホリスティックなケアを伝えながら、人がもつひとりひとりの美しさを引き出すことが喜び。「生かされていることを知ると、人は美しくなる」がモットー。

blog 色香‐IROKA‐ http://irokaori.blog.fc2.com/

関連記事