toggle
2018-05-19

【おススメのお店】暮らしの道具を見にいく

5月に入り、だいぶ気温も上がってきましたね。

過ごしやすい暖かい日が続くとお出かけも楽しくなってきます。

今回のおススメのお店は京都にある暮らしの道具を扱うお店をご紹介いたします。

◆暮らしの道具を選ぶ

 

京都の左京区には味のあるお店や散歩コースがたくさんあります。

特に初夏の季節から晩夏までは鴨川沿いや南禅寺辺りの緑の風景が本当に美しいのですが、

「テノナル工藝百職」

さんはそんな緑豊かな左京区、京阪「神宮丸太町駅」最寄りにあります。

少しわかりにくい路地を入った静かな住宅地の中にひっそりとあります。

扉を開けて中に入ると小さな空間の中に作家さんが一つ一つ作った器や道具に出会えます。

陶器や木工品、真鍮、竹細工や布もの、暮らしにまつわる様々なものたちが大切にディスプレイされています。

◆道具について聞いてみる

 

「テノナル工藝百職」さんの凄い点は、様々な土地の様々な作家さんの作品に出会えることはもちろんですが、何より店主さんがそれぞれの作家さんのことを熟知されていて、その作品に対して情熱を持って扱っていらっしゃるところです。

一つの事を聞いたら、こちらの意図をくみ取って、わかりやすく様々なことを説明してくださいます。

その説明を聞いていると、作品を本当に大切に思っていらっしゃることが伝わってきます。

なので、様々なことを聞いたうえで、自分が納得して器や道具を買うことができます。

そうすると、なんとなく気にいって買ったものより、器や道具そのものの由来やどんなふうにどんな方が作ったのか、色々な背景を教えてもらったほうが、暮らしの中で凄く大切に使うことができます。

京都に行かれた際には、器や道具を見にいくのはもちろん、それらに関して気になることがあれば店主さんにぜひ聞いてみてください。その物にまつわる色々なことを教えてもらうのもとてもおススメです。

手しごとの器・道具 テノナル工藝百職⇒http://hyakushoku.petit.cc/

 

 

こころweb運営部 & 旅するこころと体のコンシェルジュ
NARDアロマアドバイザー
FTPベーシックマットピラティスインストラクター

京都在住後2016年より北海道移住。
暮らし方や生き方、考え方がその人自身や環境を創っているな、と日々感じます。暮らしという誰もが営む身近なことを題材に誰にとってもこのサイトが少しでも何かの発見につながって自分らしい豊かさにつながっていくといいなぁという気持ちでできることを真心こめてやっていきます。宜しくお願いします。
日々の事⇒https://www.instagram.com/hoshinotabibito/

関連記事