出会いと別れの季節。暮らしを整えよう♪【くらしの種ライブラリー】


初夏を感じる日差し。透きとおるような若葉がひかりにふれて、はっとするほどに眩しいですね。
こんにちは。運営部・佐藤です。

とはいえ、紫外線も気になりだす季節でもあります。わたしはすでに、日に焼けつつありますが、遅ればせながら日傘を出動させて、小さな屋根に守られながら沢山外出しようと思っています♪

さて、早速ですが、あめつちの記事を編集視点でご紹介する【くらしの種ライブラリー】をお送り致します^^


エナジーって存在するの? 現代社会をスッキリ生きるための、エナジー講座 vol.3 誰でもできるエナジーケア! ステップ③

SNSなどには人の喜怒哀楽が沢山!それらの喜怒哀楽は、想念というエナジーの一つの形であることを、日常における体験を踏まえてわかりやすくMaikoさんが綴るエナジー講座の第三弾です。そして、人の想念であるエナジーについて、そのケアの方法ももちろんお伝えしています。

…記事とは関係ない話になってしまうのですが、Maikoさんとお仕事をご一緒する中で、そのお仕事の進め方が何もかも「整っている」ことにいつも驚いています^^ 寄稿される記事の写真に通し番号が丁寧にふられている、などなど。当たり前でしょーと思われるかもしれませんが、ここまでですか!と。

そんな何もかもが整っているMaikoさんがお伝えするエナジー講座♪ 内容に一点の曇りなし!だと思います。

春の日差しを余すところなくいただく!窓ガラスを「1枚だけ」拭こう♪ 【清明・初候】

運営部・真帆さんによる記事。日差しがきらめきを増すこの季節、窓ガラスを拭いて目一杯日のひかりをあびませんか?

私も真帆さんを見習って、京都に戻ってきてから、網戸や窓ガラスをちょこちょこ拭いています。ちょこちょこの威力は馬鹿にできません^^ みなさまよろしければぜひお掃除を♪

編み物で紡ぐ暮らしの繋がり

いつも抜群の安定感であめつちを支えてくれている、運営部・夏子さんによる記事。

「編み物」という共通のものを通じて、多世代の多種多様な方達とつながり、コミュニティができあがっていくことに価値を感じている様を綴っています。一人で編んでいたとしても、お家で編むのと、みんなで編むのとでは異なる心地よさがあるのだろうな、と読んでいて感じました^^

出会いと別れが交錯する季節 デジタル面でのお掃除はいかが? 【清明・次候】

運営部・佐藤より、出会いと別れの季節。整理するものは整理し、新しく迎え入れるものは迎え入れる…。物理的な整理だけでなく、デジタルデータやアカウントなども整理しませんか?というご提案です。

大切なあの人に「返礼」しよう 【清明・末候】

運営部・佐藤からの記事。またまた出会いと別れの季節です^^ 節目の時季だからこそ、今の自分があるということへの感謝に気持ちを向けてみませんか? 大切な人への返礼のおすすめです。

タイムマネジメント上達の3つのコツ☆~時間を制する者は人生を制する!~

タイムマネジメントの鍵となるのは「決めること」と「可視化すること」。なぜ、その二つが重要なのか?そして、実際に実践している時間割について運営部・真帆さんよりご紹介いたします。

時間管理に苦手意識があった私でも、真帆さんがご提案している時間割を無理のない範囲で、取り入れることができています。皆様もよろしければぜひお試しください!

「好きで彩る、わたしのくらし」~お金管理が苦手だったわたしが、家計簿にハマっています~

AKIKOさんによる、家計簿のおすすめ記事です。
お金に苦手意識を持っていた独身時代のことを振り返りながら、結婚を機に、お金と向き合うことができるようになっていった経過を等身大で描きます。 今回、AKIKOさんが実践しているのは、「づん」さんの家計簿です。

お一人お一人の資質にあったお金管理の方法や、さまざまな問題との向き合い方までも見つかるきっかけになれば幸いです。

あなたのこころを潤してくれた言葉たち ここにあります【穀雨・初候】

運営部・真帆さんの記事。
あなたがどのような人であるのか?周りの方からいただいた言葉、みなさん沢山お持ちだと思います。

大事に大事に気持ちを織り重ねた言葉でも、ふと口についてでた言葉でも。
こころに沁みこんで、自分の人生を歩んでいく活力となっている言葉でも。

どうぞ振り返ってみてくださいね。

 

◇◇◇
【編集後記】

わたくしごとですが、人生最大級に印象的な出来事が最近立て続けに起こり、びっくりするほど物事に対する捉え方が異なるようになってしまいました。今までは、なんてことなく無造作に行なっていた言葉遣い、動き方、暮らし方、全てが気になるようになってしまい……。ひとつひとつのことを、定義しなおしているような感覚でおります。

そんな状態であったこともあり、今回は新月ではなく、上弦の月の頃の更新となりまして申し訳ございません。また次回、満月の折りにお会いいたしましょう~。

by

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です