エナジーって存在するの? 現代社会をスッキリ生きるための、エナジー講座 vol.3 誰でもできるエナジーケア! ステップ③

■はじめに

 

こんにちは。今年もお花見シーズンですね。お花見は毎年欠かさないMaikoです。目に見えないエネルギー=エナジーについて解説するエナジー講座。前回vol.2は、誰でもできるエナジーケア! ステップ①②をお送りしました。今回は、ステップ③です。

■サイコメトラーは、存在する!?

 

少し古い作品ですが、『サイコメトラーEIJI』(講談社)という少年漫画をご存知ですか? 主人公は、物や人に触れることで記憶を読み取る「サイコメトリー」という能力を持っていて、その能力を使って事件を解決するという物語です。TOKIOの松岡昌宏さんが主演で、テレビドラマ化されたのでご覧になられた方も多いのではと思います。

物や場所に留まる人間の思考や感情などを「残留思念」と言い、残留思念を読み取る能力を一般的に「サイコメトリー」と言います。超常現象やホラー現象として取り上げられることもありますが、アメリカでは誘拐事件や殺人事件の捜査に用いられることもあるそうです。また、カナダの考古学者は、サイコメトリーによって得られた情報をもとに古代遺跡を発見したこともあるそうです。このようなことから、残留思念や、それを読み取るサイコメトリーという能力は、現実に存在すると言えそうです。

なお、「サイコメトラー」は『サイコメトラーEIJI』から生まれた和製英語で、正式には「サイコメトリスト」と言います。この記事では、より多くの方が慣れ親しんでいる「サイコメトラー」と表記します。

■実は、誰もがサイコメトラー!?

 

残留思念やサイコメトラーの存在は「人間の思考や感情は、目には見えなくても、体外に放出される」ということを示していると思います。そして実は、私たちは日常生活の中で、このことを体験しています。

例えば、絵画や音楽やダンスなどの芸術活動。画家は絵に思いを込め、音楽家は音にメッセージを乗せ、ダンサーは体で表現します。そして、見る者に多くの感動を与えてくれます。このことは、表現する者の思考や感情――思念が見る者に伝わることを表していると思います。つまり、私たちは、思念を放出することができ、また、その思念を受け取ることもできる、ということです。極端に表現すれば、「私たちは、全員がサイコメトラー」と言えるかもしれません(笑)。

■人間の思念も、目に見えないエネルギー=エナジーのひとつ

 

「そんな、マサカ!?」にわかには信じられないですよね。それではなぜ「仲良くしているけれど……もしかしたらAさんは、自分のことが嫌いではないか!?」ということや「緊張して全然話せなかったけれど……好きな子に思いが通じた!!」ということが起きるのでしょうか? それは、私たちが言葉や仕草などの目に見える情報だけでなく、思考や感情という目に見えない情報もやりとりしているから、ではないでしょうか?

すべての人間が、思考や感情などの思念を放出することができ、またそれを受け取る能力を持つ、と考えてみると……たとえば、電車に乗っているだけで、あらゆる思念を受け取り、自分からも放出していることになります。このように無意識にやりとりされる思念も、目に見えないエネルギー=エナジーの一種であるといえます。そして、その多くは会話のように意識的に行っていることではないため、基本的に必要なものではありません。つまり、取り除くべき不要なエナジー、ということになります。

■思念エナジーをクリーニングして、スッキリ生きる

 

前置きが長くなりました(笑)が、誰でもできるエナジーケア! ステップ③は、思念エナジーのクリーニングです。思念エナジーには、他者があなたに向けたものだけではなく、あなたが自分に対して思ったこと、例えば「なんでミスったんだ! このドジ!」のようなものも含みます。チリも積もれば、と言いますが、こういった小さな、しかしネガティブな思念エナジーの蓄積が、スッキリ生きられない原因となっていること、実は少なくないのです。ですから、思念エナジーも、こまめにクリーニングするといいのです。

■ベッドリネンのこまめな交換で、睡眠の質もup

 

オススメの思念クリーニング法は、①ベッドリネンの交換、②カーテンの洗濯、③シャワー・入浴、④ネットやSNSを休む、です。それぞれについて詳しく説明していきます。

思念クリーニング法①は、ベッドリネンの交換です。これは、可能ならば毎日! がオススメです。特に「もしかしたら私(俺)、エナジーに敏感なタイプ?」と感じている方は、ぜひ一度試してみてください。思念エナジーを、「誰かがあなたに強い感情を抱いた時に、その方の体からポンと飛び出してくる、ふわふわした丸いボールのようなもの」とイメージしてみてください。それは、あなたを目指して飛んできて、あなたの表面についています。そして、あなたが寝ている間に剥がれ、翌朝シーツや枕カバーに落ちています。だから、それを取り除くために、シーツや枕カバーを毎日取り替えるといいのです。そして、夜はまっさらなシーツと枕カバーで眠るようにします。

これを実践すると、エナジーに敏感な方は、「体や気分が軽くなった!」と感じられることが多いです。「エナジーはよく分からない」という方でも、「寝つき・寝覚めがよくなった!」とおっしゃる方が多いので、睡眠の質を上げるために実践されても良いのではと思います。

参照元:https://www.pinterest.jp/pin/736549714029312503/

■窓から入ってくるから、カーテンもこまめに洗濯

 

思念クリーニング法②は、カーテンの洗濯です。これは、シーズンごと、あるいは半年に1回、最低でも1年に1回行ってください。ベッドリネンもですが、どうやら思念エナジーは、布につきやすい性質があるようなのですね。

例えば、あなたに対して「憎い、死んでしまえ!!」というような、恐ろしい感情を抱いている方がいらっしゃるとして(例え話ですよ)。その方から、ポンと放出された憎しみの思念エナジーは、ふわふわと宙を漂って、あなたを目指します。この思念エナジー、あなたの家のどこから入ってくると思われますか? 礼儀正しく玄関から? 「そんな、マサカ」そうです。多くの場合、外に開かれた開口部、つまり窓から侵入してきます。それゆえに、カーテンにつきやすいのです。こう考えると、年に1回でもカーテンを洗濯することは、大切なことだと思えてきませんか?

■思念エナジーは、水で流せる!?

 

思念クリーニング法③は、シャワー・入浴です。日本には「水に流す」という言葉があるように、水は汚れだけでなく、思念エナジーも流し去ることができます。だから、毎日入浴することは、エナジーの観点からも大切なことです。湯に浸かることが難しければ、シャワーを浴びるだけでも大丈夫です。

ところで、「なぜか特定の人や出来事のイメージが頭から離れない」「なぜか気になって考えてしまう」こんなことはありませんか? 実は、このような時は、思念エナジーがついていることも多いのですが、入浴時に頭のてっぺんからザブンと湯をかぶるとスッキリ流せます。通常はお湯で構いませんが、エナジーに敏感な方や、ついている思念エナジーが強力な場合は、水がオススメです。体が冷えないように十分温まってから、心臓に遠い手足などから徐々に慣らして、最後にバシャンと頭から水をかぶります。こちらは、モヤモヤが取れない時の応急処置として、お伝えしておきます(風邪をひかないようご注意ください)。

■ネットやSNSの世界には、思念エナジーが溢れている!?

 

思念クリーニング法④は、ネットやSNSを休むです。「え? 何の関係があるの!?」そう思われますか? しかし、関係があるのです。ここまでお伝えしてきたように、思念エナジーというのは、人間の強い思考や感情が、ポンと放出されたものです。つまり、「人間の喜怒哀楽のあるところ、思念エナジーあり」です。現在、ネットやSNSは、多くの方の日常にとって欠かせない場となっています。そのような場には、人々の喜怒哀楽が溢れています。つまり、思念エナジーも溢れている、ということです。

誤解しないでいただきたいのは、「人間の思考や感情が悪いもので不要、という話ではない」ということです。喜怒哀楽に代表される感情は、人間らしさの源泉であり、とても大切なものです。ただ問題なのは……ネットやSNSの世界には、それが多すぎる、ということです。ネットやSNSから得られる様々な情報やつながりと同じくらい、思念エナジーも入ってくる。ネットやSNSをエナジー視点で読み解けば、そういうことなのです。

■ネットやSNS経由の思念エナジーは、接続を切れば無くなる

 

それでは、「ネットやSNSの世界に溢れ、流れ込んでくる多量の思念エナジー、あなたにとって必要なものですか?」と問われたら?「……いや、全ては必要ない」多くの方がそうお答えになるのではないでしょうか? なぜなら、あなたが必要とするのは、ネットやSNSを通じて得られる情報やつながりであって、無意識に放出されている他者の思念エナジーではないからです。

だから、流れ込んでくる思念エナジーをクリーニングするために、時どきネットやSNSを休むことが必要なのです。と言っても、特別なことをする必要はありません。ただ、休むと決めた時間は、ネットもSNSも一切やらない。これだけです。ネットやSNSを経由している思念エナジーの多くは、そもそもあなたに向けられたものではないため、接続を切れば、消えて無くなるのです。

しかし、もしあなたが、多くの方から注目される立場にある場合などは、あなた自身に向けられた思念エナジーの割合が多くなるため、ネットやSNSを休むだけではなく、①~③の思念クリーニング法と併用することをお勧めします。また、エナジーに敏感な方は、思念エナジーの感受力が強いことが多いため、同様のクリーニング法をお勧めします。

■思い切って電源オフ! で、驚くほどスッキリ!!

 

思念クリーニングを目的とするネットやSNSのお休みは、1週間に1日、週に半日、2週間に1日、1か月に1日など、ある程度まとまった時間を設定すると効果的です。また、定期的に行うと溜まらなくなるので、さらに効果が出ます。

「そんなこと言っても、どうしても気になる~!!」という方は、思い切って電源をオフにしてみましょう。私自身も経験がありますが、物理的に接続できない状況に置かれると、一種の諦めが生まれるのか(?)、自然に気にならなくなることが多いです。同様に、スマホやタブレットを家に置いたまま、外出してしまうのもいい方法です。初めは難しいと思われるかもしれませんが、ご自身の状況や必要に応じて、ぜひトライしてみてください。きっと、効果を実感されると思います。

参照元:http://forest17.com/lif2/lif2_aozora.html

今回は、誰でもできるエナジーケア! ステップ③をお届けしました。人間の思念エナジーなんて言うと、ちょっと怪しげですが(笑)、様々な情報を丁寧に紐解き、エナジーという観点で読み解いていけば……それもやっぱり、ある! ということなのだと思います。最後まで読んでいただき、ありがとうございます。次回は、誰でもできるエナジーケア! 自分のエナジーの調え方(チューニング法)です。

 

東京にてOLライフを楽しんでいたが、突如、見えないエネルギー=エナジーを感じ始め、不思議体験に悩まされるようになる。その後、岡山に移住。現在は主婦業の傍ら、自らの体験を生かして、エナジーやエナジーケアのノウハウを必要な人たちに伝えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です