春のカラダはオーバーワーク気味? まばたきの回数でわかる〇〇の乱れ☆(後編)【雨水・末候】

こんにちは♪ 運営部の真帆です(#^^#) 今回は、春のカラダはオーバーワーク気味?まばたきの回数で分かる〇〇の乱れ(前編)【雨水・次候】のつづきです。

本格的な春が始まるいま、植物たちは芽生え、初夏に向けての活動を始めます。季節は待ったなし!ですから、わたし達人間も、活動の季節に向けて「春モードのからだ」にしておきたいところです。春をどう過ごすかで、夏の体が変わります。

「春夏秋冬」というように、季節は春から始まります。そのリズムに乗って、春からのからだ作り、始めませんか?

先ずはわたしたちをとりまく「春」、◆15日ごとにめぐる二十四節気と、◇5日ごとに進む七十二候から見てみましょう♪

◆二十四節気 2/19 雨水(うすい)

冬の間、空から降るのは雪ですが、立春をすぎてから半月ほどすると雨になります。

そして、積もっていた雪や氷も解け始めて水になります。そのため、この時期を「雨水」といいます。

「雨水」は古くから、農耕の準備を始める時期の目安とされてきました。

◇七十二候 3/1-3/5草木萌動(そうもくもえいずる)

「萌動」は、もえうごくとも読まれます。全体としては、いよいよ春本番! 草木がいっせいに芽生え始める様子を表した言葉です。

草木の‘いのちのリズム’に季節を見出していた昔のひとたちは、この時期の晴天を「木の芽晴れ」・雨を「木の芽起こし」と名付けました。まるで、芽生えを誘うかのようなタイミングで降る雨だから、そのような名前がついたのですね。「木の芽起こし」に誘われて、ゼンマイやワラビが芽を出します。

また、この時期は菜の花のほろ苦さが美味しい季節。この花が咲く頃に続く雨のことを、「菜種梅雨」と呼びます。このような、季節の言葉を使った挨拶を、さらっとメールやお手紙に書くことができたら、素敵ですね(#^.^#)

「菜種梅雨のぐずついた日が続きますが、おかげさまで気持ちの方はさっぱり晴天です(*^-^*)いつもありがとう」なんて♪

また、今回は詳しくは綴りませんが、3/3は上巳の節句。ひな祭りのシーズンです。これも、忘れてはならない季節の大切な行事ですね。

菜の花の色が、景色に色づきます。この春、あなたの目に最初にとまるのは、何色のお花でしょうか。

◇春からのからだ作り 自律神経を整えるには?

さて、ここからは、カラダのお話。

前編では、‘春に自律神経が乱れる理由’・ ‘わたしが健康への憧れを強くしたきっかけ’などについて綴りました。後編では、自律神経の乱れを整えるための方法を、よく聞く「規則正しい生活の提案」とは異なる視点からご紹介します。

もしよろしければ、前編からお読みください(*^-^*)(前編のリンクはコチラ♪

◆後編:「いのちの鍵である自律神経」を司る「肝臓」という臓器

‘各臓器のボス’ともいえる自律神経ですが、さらなるボスがいたんです。それが、「肝臓」という臓器。

肝臓に手を当てて、「いつもありがとう」とその存在を意識してみたら、肝臓が喜んでくれるかも(*^-^*)?

肝臓は、人体の中で最大の臓器です。肝臓が体のどこにあるかご存知ですか? 右上腹部、胃のとなりです。肝臓の主な役割は、血液の浄化と血液を蓄えること。体内の余分な油の処理もしてくれます。

自律神経はこの肝臓の支配下にあるので、全身の不調を改善するためには肝臓にアプローチすることがとても有効です。肝臓を元気にするための方法を、取り組みやすいものから3つ挙げてみますので、できそうなことから日常に取り入れてみてください。

◆肝臓を元気にするための3つの方法

【①肝臓の環境の改善♪ご飯に「麦」を入れて炊く】(難易度:★☆☆)

大麦は肝臓の食薬です。食物繊維とビタミンB群が豊富で、腸内をきれいにする作用があるからです。腸がきれいになると、肝臓に蓄えられる血もきれいになるので、肝臓が元気に働くことができます。白米なら「押し麦」、玄米なら「ハト麦」を入れて食べるのがおすすめです(入れる割合はお好みで♪)。

 【②肝臓の汚れを浄化しよう♪季節の青菜や春の野草を食べる】(難易度:★★☆)

ほうれん草や小松菜、春菊やパセリなどの青菜。または、菜の花やフキ、タラの芽やタケノコなど春の野草が肝臓の浄化におススメです。それらはビタミンやミネラル・酵素などが多く含まれ、肝臓にたまった汚れ(特に油汚れ)を排泄してくれる作用があります。お肉がやめられない方も、ランチに入った定食屋さんで、トンカツではなく「青菜と豚肉の味噌炒め」を選んでみる。ミートスパゲッティではなく、「菜の花のペペロンチーノ」を選んでみる。「減らす・やめる」はできなくても、「変える」ならできるかもしれません。

【③肝臓の働き方改革!? 動物性食品と、お砂糖を控える】(難易度:★★★)

動物性タンパクもお砂糖も、摂取すると分解の過程で毒性のある物質が発生します。そこで活躍するのが肝臓です。肝臓は、腎臓と協力して体内の毒を処理してくれます。処理する必要のあるものが多いほど、臓器は働かなくてはいけません。ゼロにできなくても、減らすだけでも負担は違ってくるはずです。この春、臓器の「働き方改革」を検討してみてはいかがでしょうか?

人体を構成する各器官は、単独で仕事をしているだけではなく、相互に作用しあっています。「肝臓」で血液の浄化が上手くできないと、血がねばっこくなり、「心臓」に負担がかかります。心臓に負担がかかることで血液の循環が上手くいかなくなると、体温が下がり今度は「免疫系」に負担がかかります(体温が高い方が、免疫器官はよく働くからです)。

…こんな風に、どこかに負担がかかると、次の器官に負担がかかる。ということは、反対に、どこかが元気になれば、次の器官も元気になるということ。季節が巡っているように、人体の中にも「めぐり」があるのですね(#^^#)

この春から、体内のプラスのスパイラル革命☆まずは、いのちを支える自律神経の鍵となる「肝臓」へのアプローチから始めてみてはいかがでしょうか? わたしも、憧れの健康を手に入れるために、できるところから頑張ろうと思います。

今回の二十四節気・七十二候はここまでです。お読みくださり、ありがとうございます(#^.^#)♪

◇◇◇

【編集後記】1年程前から、「押し麦」を入れて炊飯しています。自然食品屋さんでも、スーパーでも、簡単に手に入ります(^^) 最近はほうれん草と菜の花をやたらと食べています。また、以前ご紹介した「カイロサンドイッチ」も毎日続けています(確かにこれは、消化器官に効きます☆)。 体よ!元気になるのだ! もっと健康になりた~い!! 真帆でした♪

次回更新は3/6です。また、お会いしましょう(*^-^*)

◆◇二十四節気・七十二候とは◇◆
1年を24等分し、約15日ごとに巡ってくる分割点(節気)を含む日、に名称をつけた二十四節気と――、その二十四節気をさらに5日(または6日)ずつの3つ(初候、次候、末候)に分けた期間を七十二候といいます。読みやすさを考慮して、記事のなかでは二十四節気は15日毎・七十二候は5日毎と表記していますが、実際はすこし変動があります。

(★参考文献:マワリテメクル小宇宙/日本の四季と暦/えほん七十二候~はるなつあきふゆめぐるぐる~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です