toggle
2019-12-27

好きで彩る、わたしの暮らし「洗濯と選択」

2019年も早いものでもうすぐ終わり。

突然ですが「洗たくまぐちゃん」をみなさまはご存知ですか?

名前の通り、洗濯につかうこの「まぐちゃん」

ふりかえってみると、2019年のわたしの暮らしかたの大きな変化のひとつでした。

わたしは絵を描きます。だからなのか、小さな頃から自然の美しさに心を奪われ、そこから環境を守りたいと思い大学では環境社会学を学びましたが、なぜかまた絵に方向転換をして漫画家兼OLとなり・・・そして今はいつの間にか、絵を描く主婦&会社員として暮らしています。

でも、日々の家事や生活のなかで、今でも自分の選択の軸となるのは「環境に負荷をかけない暮らしなんだ」ということが、最近はっきりとしてきました。

「洗たくまぐちゃん」は洗濯を行う時、洗剤の代わりに使うマグネシウムの粒です。

洗剤ではありません。マグネシウムの入った袋をポン!と洗濯機に入れるだけ。300回使えるそうです。

洗濯といえば、洗濯機に洗剤を入れるのが常識。

洗剤の成分である界面活性剤が汚れや油脂などを分解して汚れを落としますが、「洗たくまぐちゃん」の洗浄の仕組みはちょっと異なります。

洗濯の際にこの「まぐちゃん」を入れることでマグネシウムと水を反応させて、洗濯機の水を弱アルカリイオン水にして、弱アルカリイオン水が、油脂分を分解して石鹸化することで、洗剤と同様に汚れを落とすという商品なのです。もちろん通常の洗剤との併用もでき、消臭効果もあり部屋干ししてもにおわない、洗濯槽の汚れもピカピカになる・・・と、現在ヒットしている商品ですのでご存知の方も多いかもしれません。

我が家は今、この「まぐちゃん」だけを使って洗濯を行っています。

洗剤は基本的にナシ。エリ汚れや洗濯量が多い時に少し入れる程度。

水を汚すことものないので環境にも優しい、そこが「まぐちゃん」を選択した一番の理由でした。また、部屋干しのにおいがなくなるというのもとても魅力的でした。

ただ、使うにはいくつかのポイントがあり、初めはうまくいかずに試行錯誤がありました。

通常の洗濯では全自動コースで洗濯していたので、まずはそこにまぐちゃんをポイっと投入して洗濯をしてみました。しかし、部屋干しのにおいも消えないし、あまり変わりません。

インターネットで調べると、まぐちゃんの使用体験談がたくさん出てきました。

なるほど。水とマグネシウムが反応して弱アルカリイオン水に変わるには少なくとも10分はかかるので洗いの時間は15分以上にしたほうがよい、とのこと。確認すると全自動コースの洗濯では、洗い自体が10分となっています。

「これだと足りない!」と全自動はやめて、洗い時間を洗濯機の上限である16分にしてみました。これで少しはいいかな・・と洗剤をやめて「まぐちゃん」だけで洗っていましたが、やはり部屋干しのにおいがする・・・もしかして嘘なの?やっぱり洗剤を入れないと匂いはとれないの??

やっぱり、環境にやさしい商品は、ケミカルには勝てないの・・・・?

そんな思いまででてきてしまうほど。

以前、洗濯石鹸を使って、洗濯槽のカビが大量に発生してしまい、泣く泣く諦めた過去があったからかもしれません。

・・・でもせっかく買ったのだから!と、あきらめきれず再度調べてみると、なんと今度は洗濯の水の量に対して投入する「まぐちゃん」の個数が足りなかったことが判明したのです。

慌てて一個買い足して、全部で3個投入!!

すると・・・まぐちゃんだけで、部屋干ししてもにおいがない!むしろ洗剤のにおいがしなくてとてもさっぱりとした洗いごこちになったではないですか!

ごめん、まぐちゃん。疑ってゴメンね・・・。

こうして我が家では現在ほぼ「まぐちゃん」のみで洗濯をしています。

夫のワイシャツのエリ汚れだけは、洗剤をぬっていますけどね。(夫自身が)

まぐちゃんの話をすると、人によっては「洗濯に洗剤を入れないで汚れが落ちるの?」とびっくりされるのではと思います。それは、その人の中に「洗濯=洗剤を使うもの」という常識があるからです。

個人的な考えですが、暮らしや社会が変わるということは、今までの価値観や常識が人々のなかで変わることではないかと思います。

環境にやさしい暮らしや社会へシフトしていくのに必要なことは、環境にやさしい暮らしをしよう!と意気込むことだけではありません。例えば洗濯一つとってみても、今までのやり方や考え、イメージのまま、汚れを落とす仕組みの違うものにしてみてもうまくいきませんでした。

そのように、自分のなかの常識や価値観をちょっと変えられる柔軟さ、当たり前が当たり前ではないことを受け入れられる、面白がれる、子供のような柔らかい心と頭が、一番大切なのではないかな・・・ということまで考えさせられた、2019年のプチ暮らし革命でした。

みなさまも機会ありましたらぜひ、スッキリとした新しい洗濯をお試しくださいね。

2020年がみなさまにとってさらに心地よいものでありますように。

マグちゃんオンラインショップ https://magchan.com/

関連記事